スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説をやってみた

まあ一応作ってみました
小説とはいえないような気がしますが
第1章 始まりの章
カーン、カーン
木刀と木刀がぶつかる音が聞こえる
光剣士マナ「あ、お前ロバスト使うなんてずりーぞ。」
アデレフト「別にいいじゃねーか、こっちだって疲れるんだ。」
光剣士マナ「ま、確かに・・・じゃ、休むか。」
この二人はまだ初心者で、まだメイプルアイランドから出ていない。
光剣士マナ「ところでお前何に転職するんだ?」
アデレフト「魔法使いだよ、俺、兄貴にあこがれてんだ、それに、俺突っ込むより遠く離れて攻撃したほうがいいんだ~。とこれでお前は?」 
光剣士マナ「自分?自分はだんぜん戦士!なんか名前もかっこいいし、自分にも兄貴がいて、兄貴にあこがれてんだ~。」
どうやら二人には、どっちも兄がいるらしい
光剣士マナ「よし!休憩終わり、よっしゃ、実戦練習でメイプル狩りに行こうぜ!」
そして、二人は、夜まで狩りつづけ、そして、アデレフトはレベル8光剣士マナは、レベル10になりいよいよ、ビクトリヤアイランドに出発です。
二人「ついたー!」
アデレフト「よし、じゃあ俺は、エリニアにいってくるお前は、ぺリオンだろ、おたがいに転職し終わったらカニングでおちあおう。」
光剣士マナ「うん!そうしようお互いなるべく早く戻ってこようぜ」
その後二人は、それぞれの場所へ・・・
続く・・・
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

マナと卍星投げ賊卍

Author:マナと卍星投げ賊卍
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。