スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、三周年!

さて、このブログも三周年を迎えました。
といっても相変わらずの記事の低能っぷりは変わりませんがね。
じゃあ、今回も騒ぎますか。
光剣士マナ「さぁ!今回ブログ三周年、今回は少し特別に行きます。では、まず、管理人の光剣士マナと」
卍星投げ賊卍「卍星投げ賊卍が少し説明をさせていただきたいと思います。」
マナ「では、えーと、どっから説明すっかな?」
星投げ「じゃあ、僕が、今回のテーマは「全員集合させる事」だから、紹介からいけばいいんじゃ?」
マナ「あ、そうするか、ではまず、アクス、テイス、アルス、ランケ」
アクス「よっしゃ!久しぶりというか一年ぶりの登場だ!」
テイス「まったく、俺達が一年も出番ねぇなんてふざけてるよな?」
ランケ「テイス、あんまり大声出さないでよ」
アルス「まったく、アクスもテイスもうるさすぎますよ、ちょっとは静かにしたらどうですか?」
マナ「しばらく見ない間に全員キャラかたまったて言うか、口調変わったな。」
テイス「あたりまえだろ!2年もほっとかれたら口調くらい変わるよ!」
マナ「どうする?星投げ」
星投げ「どうするもこうするもなぁ、しばらく落ち着いてくれるまでほっとけばいいんじゃ?」
マナ「だな、じゃあ、次、先輩方お願いします」
フレクト「どうも!今回もよんでくれてありがとね」
「おい、ところで俺の設定って確かお前の戦士の先輩だったよな?」
マナ「ええ、そうですけど?」
「俺、名前出てなかったんだけど・・・?」
星投げ「あ、そうでしたっけ?そういえば聞いてなかったような」
「俺ってそんだけの存在!?」
フレクト「まぁまぁ、怒るな短気はいけねえぞ?ルーガ」
ルーガ「やっとここでおれの名前紹介かよ・・・」
マナ「あー、ルーガさん半泣きだよ・・・。」
フレクト「すまん、しばらくこいつこのままだから先進めてくれんか?」
星投げ「ああ、そうですかわかりました。では次に「RMG」からの三人と一匹です!」
ライズ「どうも、最近更新されてないから記事に出てくんの久しぶりだな」
レルス「まぁまぁ、記念式だし、嫌味はやめとこうよ」
シェイン「それに、とても恥ずかしい…。すみませんみなさん。」
マナ「ああ、いいですよ、べつに。最近更新してないのは事実だし」
星投げ「久しぶりってのはわかるきがするしね」
ライズ「ちゃんと更新してくれよ管理人。」
レルス「ライズちょっと黙っててよ・・・。」
リクス「ガウ!」
マナ「ということで、つぎは、新ストーリー主人公のストームです!」
ストーム「・・・。」
星投げ「あの・・・。」
マナ「すみませんなにか・・・。」
ストーム「分かっている・・・、こういうのはなれていないんだ…。」
星投げ「ストームさんは固まっているみたいなので、次の紹介に・・・・、あ、終わりでしたね。」
マナ「それでは最初のコー・・・」
「ちょっとまてーーーー!」
マナ「紹介もしてないのに出てくんなよ」
α「紹介してくれよ!俺達を泣かす気!?」
マナ「ということで、α、β、γです。」
星投げ「それでは、さっそく・・・、」
β「投げやりすぎるでしょ!」
γ「ひでー、ひでーよ」
マナ「紹介はしたんだ、これで充分だろ。」
α「ねえ、君達は僕に何を求めてるんだい?」
星投げ「じゃあ、仕方ないからそのまま進めようか。」
マナ「では、最初のコーナー、クイズです。チーム分けはまず、その物語ごと、ストームさんはRMG、先輩方は二人でお願いします。」
星投げ「これはこのブログ軽いクイズを出していく感じになります。」
マナ「それでは最初の問題、このブログの最初の投稿、5月24日の何時だったでしょうか?そこの髪に書いて答えてください」
ライズ(いちばん最初か・・・、)
アクス(へへ、最初のほうからいた俺達が有利だな)
フレクト(何時かか、ええと、確か当時小学生だったよな・・・。)
α(何時か・・・、そんなのわかるか!!)
星投げ「それでは答えをどうぞ!」
マナ「ええと、RMGが16、日誌は17、先輩方は17、α達は8か・・・、ばかだろα達。
α「おい!今なんかいったろ、どういうことだ!こら。」
星投げ「はい、じゃあ答え合わせです。正解は17時です。」
アルス「よし。」
ルーガ「さすがだな、フレクト。」
α「くそ!大外れじゃないか。」
ライズ「うっわ!おっしーなー!」
星投げ「それでは次の問題、RMG、主人公のライズですが、何歳でしょうか?」
マナ「今回は、本人はこっちにきといてください」
ライズ「はいはい」
レルス(今回はすごいチャンス問題だ、いける!)
テイス(ええと、たしか作った時の管理人の歳だったよな・・・。)
ルーガ(あいつは、小学生か?)
β(ええと、確か・・・。)
星投げ「それでは、各チームの答えは、日誌は13、RMGも13、先輩方は11、α達は14ですね、」
マナ「えー、それでは答え合わせです、正解は、13です。」
ランケ「やった!」
シェイン「これを間違えたら失礼よね。」
リクス「ガウ」
フレクト「ルーガ、なんで小5なんだよ・・・。」
γ「俺達間違えっぱなしだな」
マナ「それでは次の問題です。」
星投げ「時間上これが最後の問題なので、注意してください」
α「え?なんで注意しなきゃならないんだ?」
光剣士マナ「それでは次の問題、αたちの物語、γはいつ紹介されたでしょう?」
ランケ(ああ、あのときだね)
シェイン(まじかで見てたからよく覚えてるわ)
フレクト(よゆーかな?)
γ(くそ!俺をいじめたいのか!?)
星投げ「それでは、答え合わせです。全員が投票発表の時ということですか。」
マナ「ということで全員正解!それで、結果ですが、日誌3点、RMG2点、先輩方2点、α達1点、ということで、罰ゲームはα達に決定です!」
β「え、ちょ!罰ゲームて何?」
γ「聞いてねぇぞ!」
星投げ「それでは、罰ゲームは体張ってもらってもつまらないので、次のコーナーからしゃべらないっていうことにさせていただきたいと思います」
α「畜生またこんな感じかよ・・。」
マナ「それでは、次のコーナー雑談タイムだ。」
β(そういうところでしゃべるの禁止て…。)
星投げ「ここではまぁ、タイトル通り雑談して頂きます。」
ライズ「そういうことか、じゃあ適当にしゃべらせてもらうぜ」
フレクト「ところでライズ、その剣って重くないのか?」
レルス「ライズの剣はすっごい重いよ」
アクス「ほう?持たせてみろよ、俺は斧を振り回してッからこんなのは余裕だ!」
ライズ「そんなんかな?ほら」
アクス「ははは、こんなのっ・・・て、以外とおもいのな・・・。」
ルーガ「じゃあ、俺にも・・・、ほんとだ、こんな重いもの軽がる振ってたのか?」
ライズ「そこまで軽々とってほどじゃないけどな」
テイス「ランケ、これを頭の上に置いてみろ」
ランケ「リ、リンゴ?こう?」
スパン
ランケ「うわ!いきなり何するんだよ」
テイス「よっしゃ名中!」
リクス「なにやってるの?」
テイス「的当てだよ」
シェイン「危険じゃないの」
テイス「大丈夫、大丈夫一応この手裏剣、刃は付けてないしそれに俺は百発百中だ!」
レルス「でも、どうやってこれ斬ったの?」
テイス「これか?これはな、柔らかい素材で作ってるからな、折り紙のしゅりけんでもきれるぜ」
シェイン「なるほど、でも、いくら刃がなくても当たったら」
テイス「ああ、ちょっと痛いぜ」
ランケ「つまり結局痛いってことじゃん!」
ストーム「・・・」
アルス「あのー、何してるんですか?」
ストーム「本を読んでいる・・・」
アルス「何の本ですか?」
ストーム「・・・」
アルス「えーと、!、これは!自然・天文等色々なことについて説明している・・・、これってすごく高価なもので、手に入らないんですよね。いいですね・・・。」
ストーム「ふむ、その歳でこれに興味をもってるのか・・、」
アルス「はい、すごいですね・・・」
ストーム「良ければ貸すが?」
アルス「本当ですか!?」
ストーム「ああ・・。」
アルス「ありがとうございます!」
α(くそ!こんな時に黙っとけってすげーつらい)
β(ここまで黙ってるのきついと思わなかった)
γ(はぁ、暇だな)
マナ「さて、最後に三周年の記念撮影行くぞ!」
星投げ「よーしみんな並べ!」
マナ「いくぞ!って、なにやってんだα達?」
α「え、何やってんだって?」
星投げ「はやく入ってこいよ」
β「え?いいの?」
マナ「あたりまえだろ」
γ「そうか・・・、今行く!」
星投げ「よしこれでいいな!」
マナ「それじゃあ!」
星投げ「せーの・・・」
全員「光剣士マナと卍星投げ賊卍のメイプル日誌!三周年おめでとう!」
3周年
(画像が暗くてすみません、画力の方もなんかすみません)
(前から、左光剣士マナ右卍星投げ賊卍、後ろの一番左ルーガ隣アルス隣アクス隣テイス隣ランケ隣フレクト後の一番左ストーム隣シェイン隣ライズ隣レルス隣リクス一番後ろの左βその隣α隣γ以上です。)
それでは今度からももよろしくお願いします!
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

マナと卍星投げ賊卍

Author:マナと卍星投げ賊卍
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。