スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8章 異変

過去編は、番外編としてあります。今回はストーリーでご了承ください
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マナ「整理すると、必ず正体不明の黒いローブのやつがいるってことだね。」
アデレフト「ところで・・・。」
するといきなりバタンと音がしてドアが開いた。
???「大変だ!」
アルス「どうしたんだ?リックス」
リックス「竜の祠で・・。あ、アデレフト、それにマナも」
アデレフト「どうだ、のんびりまちでくらしてるか」
リックス「ああ、そんなことより竜の祠で黒いローブの男が入った後に急に異変が起こったんだともかくいってくれ」
マナ「ああ、わかった。」
アルス「でもどうやって」
リックス「乗り物はあります。」
アデレフト「よし行くぞ!」
だがその乗り物は6人のりで、リックスが残ることにした。
竜の祠の村は、空は黒くなり植物は枯れ、そして不気味なほど静かだった。
ランケ「これはひどい・・・。」
テイス「まったくだ・・・。」
アクス「ともかく、祠へ行こうぜ!」
祠には森の道を抜けなければならない。
マナ「植物も枯れてうす気味わりいな」
アデレフト「!」
マナ「あのモンスター!!」
アルス「目が白い?」
アデレフト「ああ、異世界で見たやつとおんなじだ・・・。」
テイス「ともかく倒すぞ!!!」
一匹、一匹倒していっても、そう時間がかからなかった
アルス「ふー、何が起こってるんだ・・・。」
ランケ「ともかく、黒いローブのやつがかかわってるんだね。」
マナ「本当に何が起こってるんだ・・・。」
アデレフト「・・・ああ」
続く
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
少し職業のおさらい
まず、光剣士マナは、戦士の剣
次にアデレフトは、魔法使い雷・氷
そして、アルスは、弓使い
で、アクスは、戦士 斧
次、テイス 盗賊投げ
そして、ランケは、盗賊の斬り
ということです。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

マナと卍星投げ賊卍

Author:マナと卍星投げ賊卍
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。